新しい記事 ≪≪≪≪≪ トップページ ≫≫≫≫≫ 古い記事

暗号化ファイルが開けなくなった!

Tweet
暗号ファイルが開けない!
異変に気付いたのは2006年6月17日土曜日のお昼でした。

1つ前の「VC++プログラミング講座」の記事で細かい所を修正していて、第2回の分のネタでも作っておくか!と、前回作成したファイルを何気に開こうとすると…開けない。
「(×) 選択されたファイルは有効なVisual Studioソリューションファイルではありません」
と表示されます。

あの後試しにインストールした無料の Visual Studio 2005 Express Editionがいけないのかも…。と、アンインストールしてみると…、ソリューションファイル(拡張子.sln)の対応が切れてしまってそのままでは開けない。しょうがないので、Visual C++ .NET 2002を手動で指定して開くも、やはり開けない!
しょうがないので、3時間かけて!Visual C++ .NET 2002を再インストール!したのだけれど、やはり開けない。
アクセスが拒否?

これは中身がおかしくなったのか?と notepadで開いてみたら…「!アクセスが拒否されました。」と表示されてしまう。ここに来て問題はVisual Studioではなく、「暗号化ファイル」が復号できない!という、極めてマズイ状況に陥った事が判明したのでした。ヤバイ。

さあ困った!どうしよう。



■何が困るって…
何のために「暗号化」しているかと言えば、大切なファイルだからです。
Winnyなどによるファイル流失事件は、他のアカウントのWinnyから知らずに流出してしまったとか。ならば、自分のパスワードを入力しないと決して復号できない「Windows XPの暗号化ファイル」(EFS)を使って保護した訳です。
だから、自分にとって「一番大切なファイル」を暗号化していたのだが、それがよりによって自分からアクセスできなくなるとは…、トホホな気分です。

しかし、何故でしょうか?
実のところEFSの仕組みは詳しくは知らないのだけれど、
----
・NTFSの中の仕組みである
・アカウントと密接な関係がある(ログインパスワードの入力で復号できるようになる)
----
というイメージだったので、ログインアカウントに手を触れさえしなければ、まさか復号出来なくなるなんて思いもしませんでした。

なので、鍵のバックアップなんてものもやっていなくて、焦りまくりです!


■システムの復元を試す
先ず試してみたのは「システムの復元」だ。以前に、致命的に環境が壊れてどうしようも無くなった時に、この機能に救われたのです。今回も助かれば!と藁をもつかむ気持ちで試しました。
とりあえず、前回の記事を書いた後の先週日曜早朝で試してみましたがダメでした。
次いで、記事を書く前の土曜日早朝のポイントを試したのですが、やっぱりダメです。

いよいよもってヤバイです。どうしよう!


■もうこうなると、困った時のネット頼み!
こういう「突然壊れるシステム」なのだとすると、同じ罠に陥った人がいるに違いないと考え、ネット検索です。「暗号化 ファイル アクセスが拒否されました」で検索しました。
http://homepage2.nifty.com/winfaq/w2k/trouble.html w2kトラブル
やっぱし、少なからず誰かが体験済みのトラブルなんですね。

とりあえず、「Windows を再インストール後、元からあるファイルにアクセスできません」という項に書いてある方法を試してみました。が、ダメです。
ヤバイ!

「秘密鍵をエクスポートしていない場合に、起動できなくなった Windows から暗号化データを復号したい場合、Advanced EFS Data Recovery などのソフトウェア購入を検討してください。」とあったので、もう最終兵器か!って感じです。


■真打ち登場!
早速、「Advanced EFS Data Recovery」のページにアクセスしてみます。
http://www.elcomsoft.com/aefsdr.html ELCOMSOFT: Advanced EFS Data Recovery

お!ラッキー!無料の評価版があるようです。とにかく試してみます。
復号できたぁ〜!
インストール後起動してみると、自動的にウィザードが動き出して、それに従って操作します。

どうも、全体の仕組みは2段階に分かれているようで、
---
(1-1) 対象ディスク内の鍵情報を探し出す
(1-2) アカウント、パスワード情報を入力する
(2) 暗号化ファイルを探し出して復号する
---
という具合です。

一通りやったら、数分間で全暗号化ファイルの復号ができました!
やったーっ!

えっ?
これで安心して眠れる!
いやぁ、評価版は3日間使えるって言っていたけど、とりあえず評価版だけで復号できちゃった。製品買わなくて悪いね!

などと、と思ったのも束の間。
表示されたメッセージを見て愕然!「評価版は各ファイルの先頭512バイトだけを復号します。」だって。やられたぁ!
復号されたファイルを開いてみると…、おおお!面白いように途中で切れちゃっています。トホホ。
ゴール直前にお預けを食ったワンちゃんの気分(?)です。

いやぁ、商売がうまい!というか何と言うか、ライセンスさけ買えば大事なデータの復号が今すぐ出来るんだものの。99ドルって言うけれど、復号されたファイルの価値はそれ以上だ。
お話にならないので、あっと言う間にクレジットカード番号を入力してライセンスを買ってしまい、速攻!で全部のファイルの全体を復号しました。

やれやれ、今度こそ本当に安心だ。
今度からはバックアップもちゃんとしようっと。
2006年06月17日 23時59分00秒 by miraclecat - カテゴリ:暗号・セキュリティ



コメント

コメントはありません

コメントの追加

:

:
: