新しい記事 ≪≪≪≪≪ トップページ ≫≫≫≫≫ 古い記事

あのぉ、タバコが煙たいんですけど…

Tweet
ここ数日は夜はひんやりして気持ちいいので、エアコンはOFFにしてベランダ側の窓を網戸にして心地よく眠っていました。

が、先ほどタバコが煙たくて飛び起きてしまいました。

というのも、今のマンションの唯一かつ最大の誤算は下の階の方と隣の方が喫煙者で、かなーり強烈な臭いのタバコを吸っているという事。

しかも、悪い事にベランダでタバコを吸ってます。

窓を開けて寝ていると、どういう訳か床伝いにどどーっとタバコの煙がたっぷり!と流入してきて息が出来ないほど苦しくって飛び起きてしまうという訳なのです。

時刻は午前6時。お隣さんは早起きなんだなぁ。
下手な目覚ましよりも効果があったりします…。


で、現状を嘆いてばかりいても何も前進しないので対策を考えてみましょうか。

# しかし、半端な時間に起こされてしまったので、体がすごくだるい…。
# そもそも副流煙は体に悪いらしいし、それより何より臭くて気分が悪い!

■対策1:窓は開けない
・これが最も効果的な対策です。ただし、夜のひんやりした心地よい季節に、せめて隣家の住人が眠っている間だけでも、美味しい空気を味わえるというチャンスをみすみす逃してしまう事になります。
ま、もっとも、一年の大半は窓を開けてないんですが。

■対策2:換気扇を切る
・部屋の空気の循環のため、24時間換気扇を回しているのだけれど、こいつが煙の吸引を促進しているのは確かだ。
・ただ、以前にやってみたのだけれど、効果が薄い。
・換気扇が回っていなくても、ジワジワと煙は窓から侵入するので時間がかかるだけでやっぱり煙たいのだ。

■対策3:逆換気扇?
・換気扇を止めるのを一歩進めていっその事換気扇の逆の発送で、換気扇を逆回転して空気を取り入れ、室内の気圧を高めてはどうだろうか?
・十分な風量があれば、クリーンルームと同じで外部からの粒子の流入を防止してくれるハズだ。
・しかし、単層の交流モーターを逆回転させるってどうすりゃいいんだろう?
・市販品があれば楽なのだけれど、浴室乾燥機などとセットになったやつだから無いだろうなぁ。
・無理かなぁ。

■対策4:自動窓閉め+換気扇を切る(あわせ技)
・上記1,2を併用すれば効果バツグンだ。
・ただし、夜風を最大限利用するため、早朝に自動的に窓を閉め、タイマーで換気扇を止めるという事が出来る事が前提だ。
・自動窓閉めが最大の課題だな。モーターか何かを使って所定の時刻に窓を閉めるのだ。
・換気扇にはもともとタイマーが付いているので、換気扇OFFのハードルは低いが、単純なカウントダウンタイマーなので、眠る前に所定の時間数を間違いなく設定しておく必要があり、設定し忘れると面倒だ。
・こりゃ、換気扇もnekodamaサーバあたりから遠隔制御した方が良いか。
・ただし、お隣さんが出張などで早起きしちゃったらアウトです。

■対策5:対策4+自動隣家の住人検出システム
・隣家が早く起きてきても大丈夫なように、赤外線センサーで人体を検出し、窓閉めと換気扇停止を行うのだ。
・問題は、赤外線を検地可能な位置にセンサーを設置する事が困難だという事だ。何せ、隣家と下の階の住人がベランダに出た事を検出可能でなくてはいけないのだから、プライバシーを侵害する程度の位置に設置しなければ意味が無いからね。
・としたら、赤外線は諦めたほうが良いかも知れない。

■対策6:対策4+煙自動感知システム
・ならば、最も本質的な煙そのものを感知してしまえば良い訳だ。
・ただし、煙感知の方は一刻を争う。なにせ、もう煙が来ている!訳で、被害が小さいうちに検出出来なければ全く無意味だ。
・そういう高感度の煙検知器があるかどうかがポイントだ。

■対策7:早寝早起き
・シンプルに考えよう。
・そうそう、隣より早起きすれば良いのだ!
・ただ今度は、眠り始めに隣の「寝る前に一服」が来てしまう可能性があるのだ。だから、正確には「遅寝早起き」って、睡眠不足になっちゃう!(今日なんて、まさにそうなのだ)

ああ、何だか体調が悪い。
もう1回眠ろう…、と思ったらもうすぐ起床時刻だ。目覚ましが鳴ってるし。
2006年07月20日 06時40分00秒 by miraclecat - カテゴリ:健康維持



コメント

コメントはありません

コメントの追加

:

:
: