新しい記事 ≪≪≪≪≪ トップページ ≫≫≫≫≫ 古い記事

目覚まし時計の修理

Tweet
壊れた目覚まし時計
突然ですが、2011年になって突然目覚まし時計が鳴らなくなりました。
電池切れか?と思い、新品の電池に入れ替えてみるも全然ダメ。
本格的に壊れました。

これはメインで使っている大音量のベルが鳴る目覚まし時計で、鳴らないとハッキリ言ってヤバイんです。

という事で、先ずは原因究明のためバラしてみました。



試行錯誤したんですが、わかったのはフロントのプラスチックカバーから順に外していく事。裏にネジがあるとばかり思っていました。

正しい分解手順:
フロントの透明カバーを外したところ

(1) フロントの透明プラスチックカバーを開ける(マイナスドライバーを差し込んでパコッって外しました。が失敗して1箇所傷付けてしまいましたorz)

針を取り外したところ

(2) 針を外す(手で引っこ抜けば、比較的簡単に抜けます)

文字盤を取り外したところ

(3) 文字盤を剥がす(2箇所両面テープでくっついてました)

フロントパネルを外したところ

(4) 文字盤裏にあったネジを外し、フロントカバーを取り外す(内部が出てきました)
(5) メカ部を裏蓋に取り付けてあるネジを2本外す

コアモジュール

(6) 時間合わせのつまみを力づくで引っこ抜く(これがわからず1週間悩みました)
これでほぼ分解完了。
テスターで電圧測定した結果、案の定モーターが壊れていた。



バラバラの状態

それでは、、
という事で、プラスチックのツメを起こしてモーターを取り出します。
2箇所のハンダを半田ごてで溶かしてモーター単体を取り外しました。
丸っこいモーターです。

残念ながら型番が全く書いてありません。
でも、この手のは「マブチモーター」と相場が決まっているので、ネットで検索してみました。

どうもRU-140RAという型番のマブチモーターのようです。
「代表的用途: ベル打ち時計」ってそのまんまです。
http://www.mabuchi-motor.co.jp/cgi-bin/catalog/catalog.cgi?CAT_ID=ru_140ra

で、楽天で検索してみるも RE-140RAというのは売っているものの、RU-140RAは売ってません。orz
まぁ、そりゃ一般人はあんまり買わないわな。

という事で、明日秋葉原にでも行って探してみよう。
売ってない可能性85%ぐらいだけど。

うまく見つかれば修理出来そう。
見つからなかったら、新しい目覚ましを買うしかないだろう。


2011年1月23日 秋葉原に行った。

この日は歩行者天国再開の日だったんだけど、行くのが遅くて到着した頃にはもうやってませんでした。

モーター

それはともかく、千石電商に行ってみるとラッキー!
仕様不明というモーターが大量にあり、大きさはピッタリ RU-140RA で、しかも、ベル打ちの器具までくっついた状態だ。
この分野で、マブチモーター以外にこんなモーター作ってるメーカーも無いだろうという事で、消去法で行くとこれは明らかに「RU-140RA」だろう。

1個200円で売っていたので、他にも使うかも知れないし、また壊れたら交換しなくちゃ!で、5個まとめて買いました。もう二度と買えるかどうかわかりませんからね。

帰って、ハンダ付けして取り付けてみるとピッタリ!
電池を取る付けるとちゃんと鳴りました!
修理完了です。

捨てずに済みました。

2011年2月22日追記:
<<目覚まし時刻が少しズレてる>>

少々問題がある事がわかりました。
これまで、目覚まし時刻がセット時刻とピタリ一致していましたが、修理後ズレが目立つようになっていました。

<<正しい時刻合わせ>>

針合わせを、0:00 の位置で適当にやったのが間違いでした。
正しい針合わせは、次の通り。
---
STEP1. 目覚まし時刻針と短針をセット。
STEP2. 目覚まし時刻を7:00ピッタリに合わせる。
STEP3. 時刻合わせモードにして7:00を目指して針を回す。
STEP4. 7:00近くになったらゆっくり回し、「カチン」と鳴った所で止める。
STEP5. 長針を00分位置に設定し、秒針を適当に取り付ける。
---
この設定により、目覚まし時刻設定がピタリになります。

と思ったら、もう一手間必要でした。

上記 STEP4.では、6:55まで回し、後は電池を入れて実際にベルが鳴るまで5分程度待ちます。
鳴った瞬間に電池を抜いて、STEP5.で長針を設定します。

手動で長針を回すと数分の誤差が出るみたいで、普通の駆動状態にしないとダメみたいです。
2011年01月23日 04時12分46秒 by miraclecat - カテゴリ:雑記



コメント

コメントはありません

コメントの追加

:

:
: