新しい記事 ≪≪≪≪≪ トップページ ≫≫≫≫≫ 古い記事

秒速5センチメートル 「桜花抄」の舞台を訪ねて 〜 岩舟2

Tweet
岩舟行の切符
さあ出発だ!
2011年は3月4日が金曜日でしかもめっちゃ寒いなんて滅多に無い組み合わせだ。
秒速ファンにとってこんな桜花抄な状況を見逃す事は許されない。
しかし、今回時間的な外乱は雪じゃなく、忘れ物だった。品川のセミナーから直行するつもりが、高城くんのメモを書き写した、道順メモを手帳ごと会社に忘れたので、それを取りに行ってたら、新宿には19:20頃になりそう。

一応大手町のナチュラルローソンでほうじ茶とおにぎり3個を買い込む。当然岩舟での夕食用だ。また、途中で食事をしてはイケない。岩舟には腹ぺこで到着しなければならないのだ。
しかし、とんだ出遅れ。
泣きそうに…未だならないけど、小山着く頃にはなってる鴨。

おにぎりは、ホントは明里ちゃんに持ってきて貰わないとイケないが、残念ながら僕の明里ちゃんはいないのだ。うう、泣きそうになった。一瞬。

【関連】
「桜花抄」の舞台を訪ねて〜岩舟1
「コスモナウト」の舞台を訪ねて〜種子島1
「コスモナウト」の舞台を訪ねて〜種子島2 準備編
「コスモナウト」の舞台を訪ねて〜種子島2



新宿駅にて
最初の誤算はラッシュだった。桜花抄では、19:00待ち合わせなので、ラッシュ前に新宿を抜けている。
しかし!
今はラッシュ真っ盛り。
相当混雑した中の旅なので、かなり様子が違う。

あと、当然ながら外は真っ暗だし。オリジナルでは、大宮過ぎた後で暗くなってたが、もう新宿着く前から真っ暗だし。(T_T)

19:25切符ゲット。
今は新宿を走る宇都宮線があるが、ここはやはりきちんと埼京線でしょう。
ただし、さすがに各駅停車じゃないだろうから、快速にする。ただし、この時間帯だとどうしても通勤快速になってしまうがほぼ快速とイコールだから良しとしよう。

しかし人が多い。
混雑状況が気になる。
おにぎりが潰れてはイケない。

とりあえず、座席前を確保したので、おにぎりはセーフ。

■20:12 大宮到着
大宮にて
かなり腹ぺこだ。
雪こそ降ってないものの、いつ降ってもおかしくない寒さだ。
雨が降ったら絶対途中で雪になるはず。
20:23発ので行く。

さすが、宇都宮線オリジナル車両はドア開閉ボタンが付いている。もっとも、かなり満員ですぐドア閉まるからあんまり活躍の場は無いけれど。

大宮の売店で使い捨てカイロ買っちゃった。
なにせ、岩舟の駅には肝心のストーブがもはや無いですから、暖を取るのに必須なのです。

あれ?
ドア開閉ボタンは、しかし「ドア」ランプが消灯してるから、使えない?みたい。がっかりだ。

しかし、腹ぺこだ!

20:38 次は白岡。
20:37 白岡着。宇都宮線区間半分ぐらいかな?人がかなりまばらになってきた。

20:44 久喜着。
オリジナルでは18時頃到着だからざっと、2時間44分遅れだ。
意外に小山迄の遅れは小さかったって事だな。
って、違った。久喜迄の遅れが小さかったんだ。オリジナルでは小山19:50だから、久喜から小山の間がイタかったんだ。

腹ぺこはちょっとおさまって、今度はちょっと眠い。

あれ、東鷲宮で先頭車両で立ってるのは物好きな二人だけみたい。席も空いてるのに。

栗橋から古河までえらく長かったな〜。
古河から野木も長そうだ。
快速運転並の走り方するな。

栗橋古河程じゃなかった。

21:00 古河発
21:03 野木着

しかし、座ってる人がまばらになってきた。
自分含め先頭車両11人。

21:07 間々田着
やっと次が小山だ。

■21:13 小山着
両毛線の時刻表
次は…
21:31発両毛線高崎行きみたい。

わーわーわー、小山めっちゃ寒い!


両毛線の車両
本数が少ないせいか、停車中の社内はやたらと人が多い。


■21:54 岩舟着
岩舟駅
岩舟の駅って、今は扉が無くて吹きさらしで、死ぬほど寒いぞ!
うーん、こんな寒い駅に深夜に集合した巡礼者は自分も含め5名か。
まだ22:20だから、オリジナルの23時にはもっと集まってくるカモ。

しかし、寒い{{(>_<;)}}
めっちゃ寒い彡(-_-;)彡
カイロ2個開いたが無かったら死ぬな、この寒さ。
電車は39分だから、あと16分。
岩舟駅の階段
22:39の電車で更にお二人さんいらっしゃいました。
いや、大盛況ですな。

にしても冷えた。
冷えた冷えた冷えた。
寒い。

絶対ストーブ欲しい。
岩舟の駅に。

深夜の岩舟駅から駅前を臨む
駅から駅前を見てみれば、ああ、桜花抄に登場した風景そのもの…
じゃないけれど、雪が無いだけで雰囲気あります。


岩舟駅のホームから見た深夜の風景
本当は岩舟で一泊したかったのだけれど、まさかどこかの農家の小屋に無断で泊まる訳にもいきません(=一緒に泊まって凍死しないようお互いの体を暖め合える人がいないからです…)

宿泊施設を探したのだけれど、残念ながら今営業している所は遂に見付からず断念しました。

代わりに1つ隣の佐野駅まで足を伸ばせばホテルがあったので、そこに宿泊しました。

ホテルからの夜景
ホテルは暖かく、ほっとひと心地つきました。



■3月5日
佐野駅の線路とホームを見下ろす
起床8時ぐらい。
やぱ、ちょっと眠い。
バイキングと言えるか微妙な、あまりにこぢんまりした朝食。
でも、居合わせた年配夫婦と若夫婦の4人の会話の雰囲気が、明里の結婚を前にした両親との会話とダブる。
ちょっといいな、この雰囲気。

08:40の電車に乗ろうと思ってたが、結果的に全然ムリ。
佐野でしばし散策。

佐野駅の反対側はいきなり公園なのだ!

駅の反対側に抜けると、いきなり公園。駅前広場ならぬ駅前公園だなんてね。極めて珍しい。
公園の先は佐野城跡だった。

城跡すぐ横に駅を作るなんて素敵だ。見晴らしもいいし。

佐野のねこ!
そうこう言ううちに、09:22の電車の時刻が近い。

駅前公園を抜けてると、大量の猫がにゃあにゃあと出てきた。
どうも、駅から出てきたおばちゃんが餌やりしてるらしく、恐ろしく猫達に好かれてる。超羨ましい。

岩舟山への登山口

さて、一路岩舟へ。
電車を見送ってぶらり散策。

岩舟山の入口発見。
どんなもんか?と安直な気持ちで登り始めたが、最後はかなり息が上がっていた。

岩舟山山頂から岩舟の街を一望する
一番上にはお寺があった。
三重の塔もあったが、何より眺めが良かった。

三重塔から更に少し上に登った断崖絶壁になった所からの眺め。岩舟の街を一望出来る!

何とすがすがしいことか。

岩舟駅と岩舟山
下から見ると、岩船山はこんな感じの山だ。

写真の中央部の一番尖った部分に登った訳だ。
意外に高い。

10:01の電車で行くつもりだったが、下山中にタイムアウト。10:48に変更。

途中で、横に行って真っ直ぐな道を見てから帰ろうとしてたら、時間を読み違えた。駅に戻る途中の踏切で遮断機が降りた。

桜花抄に出てきた道?かな?
ただ、色々散策したおかげで桜花抄に出てきた真っ直ぐな道のモデルと思われる道を発見。

何となくこんな感じだったかと思うのだけれど。

11:33に変更して、駅の南側の道を歩いてみた。で、気になってた、食堂を捜し当てて入り、せいろそば二枚盛りを頼んだら、またまたタイムアウト。

12:29に変更。今度は真っ直ぐ駅に行って、ひなたぼっこしつつこれを書いている。

今日の岩舟はしかし、暖かい。
背中にお日さまを浴びながら佇んでいると、ゆっくりゆっくり時間が流れて行く。
こんな場所で、ねこたちとゆっくり暮らすってのもいいな…なんて考える。

あと9分で電車が来る。
背中が暖かい。


■宇都宮に寄り道
宇都宮と言えば餃子
ついでだから、宇都宮に来てみた。
しかし、駅の数と距離の比率は一定じゃない。恐ろしく駅と駅の間が長い。長すぎる。
料金も820円にもなったし。

宇都宮と言えば餃子だ。
駅ビルに餃子の店が集まった所があり、ここで食べる。
宇都宮餃子館の健太餃子だ。
うーん、確かにうまい!
うまかったので、シソ餃子追加!
これもうまかった!

2011年03月04日 23時20分00秒 by miraclecat - カテゴリ:聖地巡礼



コメント

miraclecatさんのコメント:

この一週間後に東日本大震災が起きるとは全く!予想できませんでした。
2012年04月21日 23時22分57秒

コメントの追加

:

:
: