lu ru
明石焼きを食べるのだ

きむらやさん 神戸に出張に行った。

前回神戸に行った時に、明石には「明石焼き」というのが ある事を知ってぜひとも食べたかったんだけど…、 あるお店は満員で入りにくくて、 「ここだ!」と思った店が見つかった時点では、もう昼食を食べた後で ずいぶん悔しい思いをしたのだ。

この点をふまえて、今回は前回食べられなかった明石焼きを食べるのだ! もう昼食は明石焼きだけでいいのだ! という決死の覚悟で前に見つけたお店にやってきた。 果たしてそのお店ははまだそこにあった。(写真上)

場所は?と言えば、JR明石駅の海側の出口(南口かな?) 噴水のある側の出口から出て左手に走っている太い道路をずっと 海側にまっすぐ進んでいくと、徒歩3分ほどで2つ目の交差点の 左側に見える「きむらや」さんである。 ずいぶん年期の入ったお店であるけれど、 明石焼き(この店では「玉子焼き」と言っているが、 どうも同じものを示すらしい事は判明した)の専門店である点が 気に入った。(とは言っても、関東煮つまり「おでん」も出すようだが…) まあ、それはともかくやはり専門店でなくてはというのが ちょっとしたこだわりなのだ。

きむらやの玉子焼き[上] さて、早速注文してみる事にしよう。 メニューには、「玉子焼き 上」と「玉子焼き 特上」とがあった。 750円と 800円になっていたけれど、一体何が違うんだろうか??? よくわからないので、「上」の方を注文した。

数分して出てきたのが、写真のセット。 どうやって食べるのか?って聞いたら、 「おだしにつけて食べます。辛いのが好みなら、七味をかけてもいい。」 との事。辛いのは苦手だから、おだしだけで行こう!

このおだしは、なかなかいい味が出ている。うん、うまい。 でも、待てよ。これって、タコが入っていて焼いてあってって、 いわゆる「タコ焼き」のうちの、つゆにつけて食べるタイプじゃないか? と思ったけれど、でも、まわりの皮には明かに大量の 玉子が入っているのがわかるので、ちょっと違う。 やっぱり、明石焼きは独自のものなんだ。うん、うまいね! 20個あって、ちょうどお腹いっぱいになった。 うまかったうまかった。満足満足。




[ホームページへ戻る] ・ [いんぎらーっとしまっし Part2] [ねこだま掲示板2] [ねこだまについて] [カップルズ・バイオリズム]

1997.12.2 Written by , all rights reserved.

lb rb