lu ru
山一証券にて

山一証券国分寺支店前

■1997年 11月 25日:

昨日山一証券が、創業 100周年目にして「自主廃業」を決定したとの ニュースが大々的に報じられていました。 そう言えば山一の MMF やっていたなぁ。 一時期、担当から時々電話がかかってきて「○○○などいかがですか?」 という伝言が留守番電話に入っていたりしたものだ。 しかし最近全然電話が無いなぁなんて思っていたら、この始末だ。

大蔵省とか「投資家を全面的に保護する」なんて言っているから 今回は少なくとも慌てて行く事も無いだろうけれど、 でもこんなチャンスは滅多に無いだろうし、 慌てて行く人多数だろうとにらんで、早速国分寺支店に 行ってきました。

まあ、案の定朝からたくさんの人が並んでいました。(写真) ちょうど到着したのが、開店 9:00 の 5分ほど前でしたが、 40人ほど並んでいました。 最初見た時は、意外に少ないなぁと思ったんですが、 実は写真右手奥に斜めの通路があって、そこに列の 2/3 ほどが 隠れていたので少なく見えました。 最終的には 100人ぐらいの列になっていたのではないでしょうか? 新聞記者が取材に来ていたり、警察官2名が警戒に来たりと 初日らしくいろいろ、イベントがありました。

並んでいたのは、殆どがお年よりの方。 多分仕事のあるような人は仕事に行っているんでしょう。 とりあえず、家にいても心配でしょうがないという方が多数 並んでいたように思います。 中には窓口で食ってかかる人がいるのが 1名だけ確認できましたが、 意外に冷静なのは保護されているからか?

さて、9時頃から並んでいて、普段は 2〜3人しかいない 窓口係が、今日は総出でカウンターをフルに使って 5〜6名づつ対応に当たっていたにもかかわらず、 結局 MMF の解約手続きが終了したのは 11時過ぎでした。 しかも、現金の場合翌日になってしまうと言われて、 しょうがないから振り込みにしてもらったんだけど、 「振り込み手数料がかかりますが、よろしいでしょうか?」 というのが、最後の駄目押しでした。 まあ、このぐらいはこのイベントの参加料だと思って 諦めました。 「まぁ、しょうがないですよねぇ…」 なんて言いつつ、窓口のお姉さんとともに苦笑してしまいました。

しかし、自分の会社を畳むのにこんなに一所懸命に 働かなくてはならないなんて、社員の方も大変だなぁなんて 思ってしまいました。 自分だって、いつそういう事になるかわかりませんしね。



[ホームページへ戻る] ・ [いんぎらーっとしまっし Part2] [ねこだま掲示板2] [ねこだまについて] [カップルズ・バイオリズム]

1997.11.29 Written by , all rights reserved.

lb rb