lu ru
お正月:お雑煮を作ろう!

[鍋に適量の水を入れて沸かそう] 松任発、(恐らく)日本一シンプルなお雑煮の作り方です!
参考までに[カギ括弧内]は右の写真の撮影時刻です。

[6:32] まず、お鍋に適量の水を入れて沸かしてください。 多少時間がかかるので、この間にだしを取る素材の準備をしましょう。


[スルメと昆布を用意します] [6:35] だしは、「スルメ」と「昆布」で取ります。
[スルメは1/3ぐらいを軽くあぶってください] [6:36] スルメは4人前で1/3とゲソだけで足ります。 こいつを、金網を使って軽くあぶって下さい。 今回は、石油ストーブがありましたのでこの上であぶります。
[あぶったスルメを2cmぐらいに裂いて、昆布とともに鍋へ入れる] [6:39] あぶったスルメを幅2cmぐらいに裂いて、昆布とともに鍋の中に入れます。 このまま煮込んでください。

この時あくが出るので取ってください。


[だしが出てきた所で、しょう油で味付け] [7:53] 十分煮込んでだしが出てきたところで、しょう油を入れて味付けします。 味見しながら少しづつ加えます。 味はお好み次第ですが、薄味の方がおいしいと思います。
しばらく使う場合は、煮詰まって味が濃くなりますから、 最初は薄味にしましょう。
[味が整ったら、お餅を入れましょう。今回は紅白の丸餅です] [8:27] 味が整ったら、食べる15分前頃にお餅を投入しましょう。 今回は、自家製の紅白の丸餅を使います。 一人分として、紅白それぞれ1個づつを入れてください。 この時、沸騰させないようにとろ火にして下さい。
[15分ほど煮込んで柔らかくなったら出来上がり!] [8:43] 15分ほど煮込んでお餅が全体にやわらかくなったら出来上がりです。 お椀に盛り付けましょう。

出来上がり!! 恐ろしくシンプルでしょ!






[ホームページへ戻る] ・ [いんぎらーっとしまっし Part2] [ねこだま掲示板2] [ねこだまについて] [カップルズ・バイオリズム]

2002.01.01 Written by , all rights reserved.

lb rb