lu ru
[なにわ]食いしんぼ横丁

[場所は海遊館のすぐそば] こんな所があるという情報を聞いていたのが、 前回海遊館に行ってきた後。 すぐそばにあるのに行きそびれた!という点で、 悔しさ100倍!?

という訳で、今回大阪行ったついでに空き時間に ちょこっと寄ってみました。


[横丁の神様は亀に乗った猫] 最初、入り口がわからなくて難儀しました。 いえ、「マーケットプレイス」って建物は 巨大なのですぐわかるし入り口もわかるんですが、 そのフロアの一部を改造しただけの所だったので、 マーケットプレイスの中での位置がわからなかったんです。

でも程なくわかって入ってみると、 入り口には亀に乗った猫の神様(?)が鎮座してました。 ネコ神様の足に触ると歌いだすとか…。 よく見ると足の裏に小さな金属の電極がありました。 触ると…なにやら意味不明の歌が・・・。


[] 中には、いろんな商店が入っている。 昭和40年前後って事だから、 ちょうど横浜のラーメン博物館的な感じですね。

洋食屋さんみたいな所もあって、 「昭和40年代」って事を中心としていて、 それにまつわる食堂と物販をテーマにした 場所という事が言えますね。


[] 入り口から入った感じでは、 ちょっと狭いなぁと思ったんだけど、 中は通路が直線的でなくジグザグしている分 ちょっと広く感じます。

お店以外のセットもなかなか凝っています。


[] こーんな感じで洗濯物を干した家の軒先とか、 庭先もあって、なんかいい感じですね。
[] これらの写真を見た友人曰く、 「なんじゃタウンみたい」 だと言いましたが、残念ながら私はなんじゃタウンには 行った事が無いのだよ。

でも思いました。
「なんじゃタウンって、なにわ食いしんぼ横丁みたいな所」 なんだと。(^^;


実は、「ラーメン博物館はいい!僕なんか何回も行ってしまう。」 という方が知り合いにいて、 こういう「思い出ビジネス」ってどんな感じなのかという 偵察も兼ねておりました。

悪くは無いと思うのだけれど、 僕からすると規模も小さくちょっと中途半端だなぁと思えてしまう。 無論、それなりにちゃんと作りこんであるし、 出される食べ物その他は本格的なものであるに違いないが、 街自体はあくまで「おまけ」としての位置づけである。 もっと大規模に、もっと悪乗りして、 来場者が「おおお!」と驚き、「ここまでやるか?普通?」って言って 笑ってしまう事を最低5回は繰り返すようなポイントが欲しいところ。
無論、5回驚かせるにはその10倍はネタを仕込んでおかないといけないから かなり大変ではあるのだが…。

それなら、入場料をそこそこ取っても十分成り立つと思うぞ。





[ホームページへ戻る] ・ [いんぎらーっとしまっし Part2] [ねこだま掲示板2] [ねこだまについて] [カップルズ・バイオリズム]

2003.04.20 Written by , all rights reserved.

lb rb