lu ru
PHSサービスに加入しました

[1台目:102S] | [2台目:101N] | [3台目:201P + HA-1P]
1995 年 7 月 1 日。ついに鳴物入で始まった PHS サービス。最近こん なに面白いシステムはない!!という事で、とっととサービスに加入してしま いました。

■料金は?

あちこちで報道されているので、いまさら…という面もありますが、
  • 加入料:7,200円
  • 月額基本料:2,700円
  • 通話料:例えば市内なら、1分10円 + 発呼毎に1回10円
  • 電話機:38,600円※(充電器など一式込み)パルディオ102Sの 場合
    ※注意:このお値段は、わくわくキャンペーン(〜1995.6.15)時のものです。
とまあ、お安い値段になっています。私は、かねがね携帯電話を持ちたかっ たのですが、そんなに使う訳でないので贅沢はできませんでした。が、これで やっと(簡易型とは言え)携帯電話ユーザです。へへ。

■なぜパルディオ102Sを選択したか?

最初は悩みました。
  • まず、DDI系のαPHSですが、相互接続性の面 で非常に魅力的でしたが、いかんせん当初の予約キャンペーン時には、NTT パーソナルでは、パルディオ以外での予約を認めていなかったのと、カタログ はそもそも無かったし、あと実物見た際もかっこ悪いのしか無かった。(今は いろいろあるみたいだけど)
  • 次に、モデムによる接続もやってみたかったので、イヤホン端子付きに しようかと思いました。が、せっかくデジタル32Kbpsの伝送能力を使って、ア ナログモデムでつなぐのもなんだし、デジタルインタフェースは決まっていな いし。それに、だいたい私はノートパソコンの類を持っていない!だから、当 面は通話専門で良いと割り切る事にした。
  • そうすると、やっぱり通話用としての使い勝手だ。わたしは、根っから の面倒くさがりなので、やっぱり電池は長持ちした方が良い。それに、小さく て、なにより蓋付きなので、話す時にマイクが口元に来て心理的に話し易いと いう事があります。
という事で、待ち受け連続400時間で、小さくて、軽くて、蓋つきという 102Sを選択しました。

■サービスエリアなんぞは?

95年7月時点では、北海道と、都心や、国分寺・三鷹といった都市部 のみがエリアになっていますが、ものすごい勢いでエリアは拡大しています。 そして、エリア内の地域では屋外の道路などでは原則的に使えます。ただし、 建物内部に入ると電波が届きにくくなります。経験的に窓から5m以内ぐらい なら、何とか使えるという程度です。

■親機も買いました (1995.7.7)

PHSのもともとのコンセプトは、「家ではコードレス、町で携帯電話」と いう事でした。また、寮では思いのほか公衆基地局の電波が弱くてトイレや風 呂場あるいは、洗濯機置き場では使えません。という事で、トイレや風呂場や 洗濯機置き場で使うため、あえてコードレスの親機を買いました。ああ、私は 生まれて初めてNTTから電話機を買いました。ピエットS01接続装置って やつです。いまのところ、快調に動作しております。

■情報はどこで仕入れるべきか?

NIFTY Serve の FISDN の #13, #18 会議室や、FMODEM などにかなり詳 しい情報がアップロードされています。また、ネットニュースでも fj.net.phonesなどに情報がアップされてい ますが、NIFTY 程ではありません。また、どう見てもDDI関連の人が書いた ような書籍「60分でわかるPHS」(PHS出版 1,000yen)という本もあります。 あまり技術的な事は書かれていませんが、基本的な情報を得るには良い本かも 知れません。

■PHS に加入したい時はどうするか?

あなたも、PHS サービスに加入したくなったら PHS 端末を買って NTTパーソナル に申し込みましょう。基本的に PHS は規格が統一されているので、基 本機能を使うのであれば、どこのメーカーの端末を買ってどの事業者に加入し ても問題ありません。ちなみにNTTパーソナルは、0120-898956(わくわくコー ル)で申し込みなど、各種サービスオーダーをやっているようですが、7月中 は電話が殺到しているようです。直接渋谷営業所などに出向いて書き込んでも らった方が早いかも知れません。




[ホームページへ戻る] ・ [いんぎらーっとしまっし Part2] [ねこだま掲示板2] [ねこだまについて] [カップルズ・バイオリズム]

1995.7.1 Written by , all rights reserved.

lb rb